戦略研究学会は、過去・現在・未来にわたる全地球的な戦略課題を社会科学的に研究し、
 「戦略学」の確立、質的向上を図るとともに、危機・戦争といった不確実、不透明な異常事態への
 日本の抗堪力、対応力の向上に貢献することを目的として設立されました。

機関誌『戦略研究』

年報 戦略研究3

新しい戦略論

(2005年12月発行)本体 2,857円

〔論文〕加藤 朗「戦略研究の思想的問題」
〔論文〕中西久枝「湾岸戦争後の米国の対中東政策と戦略」
〔論文〕堅田義明「戦略策定上の状況認識について」
〔論文〕小野圭司「六六艦隊構想の経済的側面」
〔論文〕フレデリック・ゲルトン(宮下雄一郎訳)「第一次世界大戦期フランスと経済情報の誕生」
〔研究ノート〕橋本行史「乗合バス事業の規制緩和と地域経営」
〔論文〕小谷 賢「戦略決定におけるインテリジェンスの役割」
〔論文〕小窪千早「欧州の戦略環境の変化とフランスの外交・安全保障政策」
〔論文〕ウィリアムソン・マーレー(小谷賢訳)「軍事改革と職業軍人教育」
〔研究ノート〕三浦瑠麗「政軍関係理論をめぐる一考察」
〔ヒストリオグラフィー〕鈴木直志「タブーからの脱却―戦後の西洋史学における近世軍事史研究」
〔書評〕金自成/『イギリスの情報外交』(小谷賢著)
〔書評〕中島浩貴/Bilder von Krieg und Nation(F. Becker)

0103.jpg
書影をクリックすると
販売ページにジャンプします